ブログ

雨染みバフミン

GPコートADVANCEの事を書いてきましたが、GPコートADVANCEの話をすると、

ほぼ確実に出てくるのがガラスに付着した「ウロコ」の話です。

これがなかなか厄介者で困ります。

簡単に取れる液体も色々とあるそうなのですが、多くの物は少しばかり危険だそうです。

例えば、「必ずゴム手袋をしなければいけない。」

「その液体がドアの内側に入ってしまうと電気配線のビニールカバーが解ける。」

「廃液が流れたところの草木が枯れた。」

「手袋の破れたところから液が入ってきて手の皮がズルッと剥けた。」

何てことまで耳に入ってきます。

ゆっくり丁寧に時間をかければ通常のガラスコンパウンドでも取れなくはないのかも知れませんが、

皆さんが多少の危険を冒してでも「危ない」液体のウロコ除去剤を使用するのは、何より時間が大切な訳です。

ウロコ除去は大変な作業なのに多くのお客様ではそれほど高い料金が設定された仕事ではないからです。

ボディーのコーティングを施工する前の重要な磨きに関しても、作業の大変さの割に適切な料金設定がされていないとか・・

とにかく我々は、早く、安全に、しかも綺麗にウロコを除去しようと考えました。

その結果、皆さんがお持ちのポリッシャーに特殊な材質のバフを付け、

専用のコンパウンドとの組み合わせで研磨する事でウロコを除去する方法に到達しました。

「作業時間は、液状のウロコとりの方が少し早いかも」との声もあるのは事実ですが、

普通に使って頂ければ、はるかに安全な除去方法です。

雨染みバフミン&バフミン専用コンパウンド。試す価値ありです。是非一度お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る