剥がせる塗料 Plasti Dip (プラスティ・ディップ)

| ▼5つの特徴  | ▼製品情報  | ▼ 用途 | ▼ 使用時のポイント |


 Plasti Dip(プラスティ・ディップ)は、ラバータイプの剥がせる塗料です。
車両はもちろん、金属、コンクリート、木材、ガラス、プラスチック、繊維、アルミ、ステンレス等、様々なものに利用できます。
約半世紀にわたってゴム製の加工剤・接着剤と生産している「プラスティ・ディップ・インターナショナル」社の商品であり、剥がせるラバータイプ塗料の先駆者として、世界中の様々な分野で用いられています。


Plasti Dip 5つの特徴

1.多彩なカラーバリエーションの艶消し塗膜
2.傷・湿気・酸化・腐食・塩害等からの保護
3.優れた耐熱・耐寒性能(+93℃~-34℃)
4.耐用年数3年
5.施工・アフターケアが簡単

▲ TOP


製品情報

Plasti Dip ガロン缶プラスティ・ディップ スプレーガン用ガロン缶/Plasti Dip Sprayable Gallon

HVLPスプレーガンを用いて施工いただける、業務用のガロン缶です。
ブラック、ホワイト、ガンメタルグレー、レッド、ブルー、イエローの原色6色と、艶出し用のハイグロストップコートを扱っています。

内容量 1ガロン/約3.8リットル
希望小売価格 オープン価格

Plasti Dip スプレー缶プラスティ・ディップ スプレー缶/Plasti Dip Aerosol

塗装設備不要のスプレー缶(エアゾール缶)タイプです。
レッド、ホワイト、フレックスブルー、ブルー、ブラック、オレンジ、クリア、ガンメタルグレイ、イエローの原色9色と、艶出し剤(グロスファイアー/Glossifier)をご用意しています。

内容量 11オンス/約311グラム
希望小売価格 オープン価格

Plasti Dip メタライザープラスティ・ディップ メタライザー/Plasti Dip Metalizers

プラスティ・ディップ(スプレーガンタイプ、ガロン缶タイプ)の施工塗膜をメタリック調にする製品です。必ず、プラスティ・ディップの原色を施工した塗膜の上に使用してください。
バイオレット、レッド、ブルー、ブライトアルミニウム、シルバー、ゴールド、グリーン、グラファイト、カッパーの全10色です。

内容量 11オンス/約311グラム
希望小売価格 オープン価格

▲ TOP


Plasti Dip の用途

Plasti Dip(プラスティディップ)は、車の塗装はもちろんのこと、さまざまなシーンで使用できます。

用途:金属、コンクリート、木製品、ガラス、プラスチック、繊維、アルミ、ステンレスなど

用途例

自動車

外装/インテリア/色あせたモール/ホイール/ゲージや計測器/トラックの荷台/バッテリートレイ・端子/ルーフラック/インタークーラーのパイピング

工芸

フィギュアの保存・保護/ラジコンカーのボディー・ホイール塗装/食品サンプル/靴/スポンジ/グラス/装飾品

ホーム&ガーデニング

シャッター/パイプ/木部の防水加工/ガーデニング道具/鍵/ドアノブ/ホースノズル/工具の滑り止め/室外機の塗装・錆び止め

スポーツ

ルアー/自転車のフレーム/ダンベルの滑り止め/ヘルメット

電気

絶縁加工/室外の配線防水加工/スイッチの着色/銅線をカバー/延長コードの補修/配線ボックスの補修

生産

ボルト/マネキンの保存・保護/ファイバーグラス/バルブ/鉄ブラケット

その他、アイディア次第でさまざまなモノに使用可能です。

 

▲ TOP


使用時のポイント

・使用する前に、必ずテストしてください
Plasti Dipを使用する前は、目立たない場所やサンプルピース等で必ずテストしてください。

・対象物表面から、不純物を取り除いてください
できるだけ車の表面から油、土、埃、ワックスなどが綺麗に取り除かれていることを確認してください。
脱脂・洗浄を行えば、下塗りはほとんどの場合必要ありません。

・施工手順等をよく読み、指示に従って施工してください
あまりにも層が薄いと、剥がれにくくなったり、千切れやすく剥がすのが困難になることがあります。
耐久力・密着力の強化・剥離作業性の向上のために、コーティングを4~5回行うことが大切です。

・洗車は、水洗い可能です
通常通りカーシャンプーやタオルをご使用いただけます。
ただし、シンナーや溶剤に弱いという性質があるため、シリコンオフ等のご使用はおやめください。

・給油の際は、ガソリンをこぼさないよう注意を払ってください
Plasti Dipは、ガソリンとの相性がよくありません。
給油時や整備の際等、塗膜にガソリンや溶剤が付着しないように注意してください。

▲ TOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る