ブログ

GAS Glass Primer. の開発過程で

GAS Glass Primer.を本格販売する前の段階で、10軒程度の懇意なお客様にテストをお願いしました。

未だ我々も多くの経験を積んでいない段階でしたので、多くの情報を頂く事が出来ました。

その中で、通常は大きくても4~5センチの長さの炎がバーナーの先端から出るのですが、

バーナーの先端から2メーター近い長さの、異常に長い炎が出る場合があるという報告がありました。

危険性を感じた我々の挑戦が新たに始まります。

当時の最も初期のタイプのGAS Glass Primer.の仕様は、

1.本体は、アタッシュケースタイプのハードケースに入っていて使用時はケースをOPENにした状態。

2.本体からバーナーまでのホースの長さは3メーターであった。

3.ガスカートリッジは上下逆さまにセットするタイプだった。

今の仕様とは全く違いますが、当時考えて、個の形になった理由が

1.は、持ち運びする際の頑丈さを考えてハードケースにし、万が一のガス漏れを考え、使用時にはOPENな状態で。

2.は、普通乗用車の片側面に施工する場合に最長6メーター程度は必要と思われたから。

3.は、特殊なプライマー成分の比重が液化した燃焼ガスよりも重かったから。

しかし、安全性とGAS Glass Primer.処理の効果、そして使い易さを実現した現行モデルに至るまでには

実に長い時間がかかってしまいました。

続く

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る